頭皮のアトピー対策や悪化させないケア方法を知ろう!

MENU

頭皮のアトピー対策や悪化させないケア方法を知ろう!

頭皮アトピー ケア 画像かゆみやふけ、ニオイ、抜け毛など頭皮のアトピーは

その症状が出始めると非常に不快なだけでなく、
見た目にも影響するため悩んでいる人は多くいます。

 

さらに、髪の毛があるため他の皮膚とは違って
軟膏などによるケアがしにくいことなどから、
治るのに時間がかかるとも言われています。

 

ここでは出来るだけ頭皮のアトピー症状を抑え、
早く治すための対策やケア方法について紹介します。

 

 

頭皮アトピーの対策とケア方法

 

抗生物質やステロイドによる治療

 

頭皮にアトピー症状が出てしまった場合、まず始めに頼るのが
皮膚科などの専門医だと思います。

 

まずはかゆみや炎症などの症状を抑えるためにステロイドが
入ったローションなどの外用薬や抗生物質の服薬などを
ベースにして治療が行われます。

 

髪の毛があるためクリームタイプのステロイドなどは使いにくく
頭皮の場合は多くがローションタイプとなるようですが、
効き目が弱い、またダラダラと長期間使うことで副作用が
出てしまったり…ということも少なくないようです。

 

少しでも合わないと感じたり、効果が感じられない場合は
自己判断で量を増やしたり、途中で使うのをやめてしまったり
することはせず、必ずかかりつけの医師に相談するように
しましょう。

 

 

頭皮に負担の少ないシャンプーを選ぶ

頭皮アトピー ケア 画像

 

医師の指導の元で行う医薬品による治療と並行して行いたい
のが、髪や頭皮へのダメージを極力減らすことです。

 

特に毎日必ずと言っていいほど使用するシャンプーやリンス、
トリートメント選びは非常に重要。

 

使うものによって頭皮の状態が大きく変わってくると言っても
過言ではありませんので、頭皮アトピーの症状が出始めたら
ぜひ使っている商品を見直すようにしてみてください。

 

特に頭皮に負担をかけると言われているのが、洗浄力の高い
「合成界面活性剤」。
特に石油系成分などは避けるようにしてください。

 

洗い上がりのさっぱり感やすっきり感があるため、市販の
シャンプーなどに使用されていることが多いものですが
洗浄力が強すぎて必要な皮脂なども根こそぎ洗い流して
頭皮を弱くしてしまうと言われています。

 

アトピー症状が出ている時は、出来るだけ洗浄成分に
アミノ酸系の成分が使われているものを選びましょう。

 

 

髪や頭皮を洗いすぎないようにする

 

頭皮にかゆみや炎症があると、どうしてもすっきりさせたくて
何度も洗髪したりしてしまいがちですが、頭皮の洗いすぎは
大切な皮脂などを奪い、バリア機能を低下させてしまうのでNG。

 

基本的には1日1回、多少ぬるいと感じる程度のお湯で優しく
洗い上げるようにしてください。

 

 

頭皮を適切に保湿する

 

頭皮アトピーに深く関わるのが乾燥です。

 

顔やボディのスキンケアと同様、頭皮が乾燥している時は
バリア機能が弱まっているということなので適度な保湿が
必要となってきます。

 

皮膚科の医師などから、状態にあった保湿剤などを処方して
もらうほか、使用するシャンプーやトリートメントに保湿成分が
入っているものを選ぶことなどもひとつの方法です。

 

 

カラーリングやパーマ使用を控える

頭皮アトピー ケア 画像

 

アトピー症状があらわれていない人でも感じることがあると
思いますが、カラーリング(毛染め)やパーマは髪と頭皮に
非常に大きな負担をかけます。

 

過度な熱や合成界面活性剤によって頭皮にダメージを与え、
環境を悪くするため出来るだけ控えるようにしましょう。

 

 

紫外線対策や食事療法など

 

直接的に頭皮をケアすることだけでなく、禁煙や食事療法などで
体の中からアトピー対策をすることも大切です。

 

また紫外線やエアコンの風などは頭皮にダメージを与えるため
直接当たらないようにしましょう。